topimage

2014-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下牢 - 2014.06.30 Mon

大鍋について調べているうち、また新たな疑問が出てきました。
授業で作った魔法薬の中には、熟成するのに一週間放置という描写がありますが、鍋に入れたまま放置するのでしょうか?

例えば5年生で調合した『強化薬』。
5巻15章に『強化薬』初回の授業があり、青い液体をフラスコに入れて提出しています。(p.487)
この時、鍋についての描写はありません。

この続きを17章で行っています。
この時スネイプ先生はこう言っています。
「本日は『強化薬』を続ける。前回の授業で諸君が作った混合液はそのままになっているが、正しく調合されていれば、この週末に熟成しているはずである」(5巻p.570)
'We are continuing with our Strengthening solution today. You will find your mixtures as you left them last lesson; if correctly made they should have matured well over the weekend -'(UK版p.401)

この混合液が、フラスコに入れて提出したものか、鍋に入れっぱなしにしたものかがよくわかりません。
フラスコの中身を鍋に入れる描写も鍋に熟成済みの魔法薬が入っている描写もないのです。
提出したフラスコの中身はスネイプ先生が途中経過を評価するためだけのものなのか、次週使うものなのか、最初の週に作った魔法薬の残りは鍋にあるのか。

もし、鍋ごと置き去りだったら、魔法薬学教室を他のクラスが使えません。
空の鍋すら授業の前後に持ち歩く描写が見当たらないのですが、やはり大鍋は地下牢教室に置きっぱなしなのでしょうか。
2巻に『第五地下牢(dungeon five)』という言葉が出ているのを見ると、もしかして複数の地下牢教室があって、「何年生はどの教室」とか決まっていたり、あるいは「今日は何教室」とか使える部屋が違うとかあるとか?
地下牢が複数あることは確かです。第五地下牢という表現もそうですが、2巻にはこんな記述もあります。
, but Snape led them away from the warmth and light, down a narrow stone staircase that led into the dungeons.(UKペーパーバック版小2巻p.87)
しかし、スネイプは二人を、暖かな明るい場所から遠ざかる方へ、地下牢に下りる狭い石段へと誘った。(2巻5章p. 115)

原文では複数になっています。
地下牢が全て教室として使われているわけではないでしょう。準備室だったり、熟成室的な部屋があったり、生徒の鍋保管室、材料保管庫があるということも考えられます。
が、第五地下牢で3年生(当時のハリーの一学年上)の誰かが起こした爆発事故で、天井いっぱいに蛙の脳みそがくっついたのを、フィルチが午前中ずっと拭き取っていたという記述があることから、その間スネイプ先生は別の教室で授業をしていた可能性も否定できません。
第五地下牢を3年生が使っているとしたら、他の学年は?
第七を1年生、第六を2年生~第一を7年生、というのは辻褄が合います。
しかし、5年生までは各学年2クラスずつあるとすると、同じ進度で熟成していたら同じ部屋は使えません。第一第二は1年生、第三第四が2年生、第五第六が3年生、というのはどうでしょう?

と、自分で書きながら今一つ決め手がありません。
スネイプ先生のテリトリーだから、地下牢(dungeon)のことはもっともっと知りたいです。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。