topimage

2014-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大鍋4(6/2追記) - 2014.05.28 Wed

今年の読書会の記録を読んでいたら、まだまだ私の中で大鍋のことが解決していないことがわかりました。
大鍋については、何度か語ったことがあります。
大鍋
大鍋2
大鍋3
(元々は日記に書いたものを移動しました)

大鍋の大きさやその大鍋を入れて持ち運ぶトランクの大きさなどを考えてきましたが、大鍋はやはり映画のよりもっと大きそう。
作る魔法薬によって大きさが変わるのだとしても、カルカロフが授業中におしかけてきた時は、確かにハリーが身を隠せるくらいの大きさではあったはず。
これで大鍋の陰にしゃがみこむ口実ができた。ほかの生徒がガヤガヤとドアに向かっているとき、ハリーは床を拭いていた。(4巻27章p.245)
~, which gave him an excuse to duck down behind his cauldron and mop up while the rest of the class moved noisily towards the door.(UKペーパーバック版 p.564)
 
この時授業で調合していたのは、『頭冴え薬』でした。
この時の材料は、タマオシコガネを乳鉢で粉々にしたもの、根生姜を細かく刻んだもの、アルマジロの胆汁、が明らかになっています。
分量が比較的わかるのは、アルマジロの胆汁で、計量カップ(measuring cup)を持ちあげて分量を見る(振りをしている)場面があるので、カップという名だし、持ち上げられるくらいだし、まあ普通の200ml入るカップ程度だと考えて良いのではないかと思います。
タマオシコガネもスネイプ先生が話しかけている間に粉々になっているし、根生姜を刻むのもそれほど時間がかかっていないようだし(どちらも手動)、それほど多いものとは思えません。

それらをハリーがある程度身を隠せるくらいの大きさの鍋に入れたって、底の方にほんのわずか溜まるだけのような気がします。描写の無い物質が多量にあるとしたら、水でしょうか。水薬を作っている割に水分が胆汁だけとは少なすぎますから、かなりたくさんの水でも足して、『頭冴え薬』は作られているのかもしれません。
うーん。
5巻29章ではハリーが完成させた『強化薬』の一部を大鍋からすくい取ってフラスコに入れて提出し、振り返った途端落ちて粉々になったので、もう一度鍋に残ったものを提出しようとしたら、ハーマイオニーが中をきれいにからっぽにしていたことがありました。
余った魔法薬は消して(捨てて)いるんですね!
うーん……
どうにも無駄が多いような……。

6/2追記
大鍋の大きさについて、さらに気付いたことがありました。
ジニーの大鍋にロックハートの本などいくつかの本が入っていた件について、もう少し詳しく書いておきます。

ロックハートの本の厚さですが、7冊全部を机の上に積むとロックハートの実物を見なくて済む、という記述がありました。
教室の机の上にロックハートの著書7冊を積み上げると、ハリーの座高ではロックハートが見えなくなる、ということで結構厚さがありそうです。
ハリーは全著書をもらったので、教科書7冊+自伝「私はマジックだ」とおそらく 「ギルデロイ・ロックハートのガイドブック―― 一般家庭の害虫」も、入っていたのではないかと思います。このガイドブックは分厚いとの描写があります。
ウィーズリー夫人は暖炉の上の本の山から、分厚い本を引っ張りだした(2巻3章p.54)

他の著書も、内容は薄くても見た目は豪華なハードカバー、ページ数もありそうです。
ジニ―の大鍋には、ハリーがもらった全著書と、ロンの本7冊(もしかしたら基本呪文集もあったかも)とジニ―の変身術入門、さらにリドルの日記も紛れ込んだので、伸び縮みしないと仮定したら、鍋は相当大きかったのではないかと思います。
スポンサーサイト

寝巻き - 2014.05.02 Fri

日記の方で子ども時代のパジャマについて考えていたら、スネイプ先生が最後にパジャマ(寝巻き)を着たのはいつだろう?という疑問が出てきました。

スネイプ先生の寝巻き(nightshirt)を拝めるのは、4巻で、ムーディに「パジャマパーティかね?」と言われた時です。
あの時は、長い灰色の寝巻きを着ていたスネイプ先生ですが、きっと他の日も就寝時は同じスタイルだったのではないかと想像しています。

まだ結末を知らなかった頃、黒尽くめのスネイプ先生が灰色を身につけていたことを、「戒めを解くみたいなイメージ」と書いたことがありますが、やはりあれは、スネイプ先生の最も心安らぐ時間を演出する重要な小道具だったのだろうと思います。
スネイプ先生が一時でも安らぎの時間を持っていたこと、今になると奇跡のようにも思えます。

スネイプ先生がホグワーツを追い出されたのは深夜でした。
逃亡を続けていたハリーたちがホグズミードのアバーフォースに助けられてホグワーツに忍び込んだのは5月1日の晩でした。
マクゴナガル先生と城の中を歩いていた時に遭遇したスネイプ先生は寝巻き姿ではなく、マント姿でした。マクゴナガル先生は古いタータンチェックの部屋着、フリットウィック先生もスプラウト先生も寝巻き、スラグホーン先生はエメラルド色の絹のパジャマを着ていましたが。
スネイプ先生が寝間着姿でなかったのは、分霊箱がハリーによって破壊され始めていることに気付いたヴォルデモートが、レイブンクローの塔にハリーが忍び込むかもしれないと警告してあったからかもしれません。

でも、もしその警告が発せられていなかったら、スネイプ先生は寝巻きを着ていたでしょうか?
ヴォルデモートがニワトコの杖を手に入れようとホグワーツを訪れたのは、おそらく3月で早朝のことでしたが、マント姿のスネイプ先生が迎えています。
死食い人二人が教師として城内に入り、ヴォルデモートからいつお呼びがかかるかわからない状態では、スネイプ先生が安らかに眠れる日などもうなかったのではないかと考えています。
それを言うなら、6巻で死食い人が城内に入ってきた時も、フリットウィック先生が呼びに来てすぐに出てきたスネイプ先生はちゃんといつもの黒いローブ姿でした(6巻29章p.457)

ヴォルデモート復活後、学校の中すら不穏な状態になってきた頃から、スネイプ先生は寝巻きを着なくなったのではないかと思っています。もしかしたら、二重スパイの役目を負った時から、既にいつでも飛びだせるような姿だったのかもしれません。
心休まる日など、もう何年もなかったかもしれないと思うと痛ましいです。

16年前の今日の夜明け前に息絶えたスネイプ先生。
どうか今は安らかに眠っていてほしいです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。