topimage

2013-05

“あいうえお”の顔 - 2013.05.27 Mon

先日日記の方に、スネイプ先生がたじろぐ表情が見たいと書きました。
相手の勢いに圧倒されて、たじたじして日本語の「いっ!」と言っている顔です。
怒って歯を食いしばって「い」の顔をすることは多々あったと思いますが、その「い」ではなくたじろぎの「い」で(勝手な分類)、それを見てみたいと思いました。

「い」に限らず、日本語の「あ」には驚きの表情が伴い、「う」には痛みや言葉に窮した時の表情、「え」は疑問や疑念、「お」には感嘆があるのではないかと思います。(詳しい内容は日記をご覧ください)
実際は「え?」ではなく'What?'と言っているでしょうし、日本語で感情を示すわけではないのですが、感情の表現の分類としてわかりやすいので、日本語の「あいうえお」の表情をしている場所がないか、原作を探してみました。

「あ」
4巻25章の“パジャマパーティ”の場面はどうでしょうか。
床に落ちていた忍びの地図を目にした時のスネイプ先生。
「わかったぞ、という恐ろしい表情」とハリーは見ていますが(p.176)、それこそが「あっ」ではないかと思います。
あとは、7巻32章でナギニに噛まれた時とか…。悲鳴を上げ、目を見開いているのは、驚きもあるけれど、恐怖も大きかったのだろうと思います(号泣)

「い」
スネイプ先生がたじろぐ(相手の勢いに圧倒されて、ひるむ。しりごみする)などとても稀なことだと思いますが、子ども時代、学生時代はしばしばありそうです。
リリーの前に初めて飛び出していった時なんかはどうでしょう?
「わかりきったことって?」とリリーに問われた時。
スネイプは興奮し、落ち着きを失っているように見えた(7巻33章p.413)
この場面などは、リリーとペチュニアの会話に割って入っていったのは良いけど、リリーに声をかけられて一瞬ひるんだように見えます。
同じ章で、ペチュニアに木の枝を落としてぶつけたことをリリーに責められている時も。
それから、高学年になってからのこの場面、「わたしに何を許さないの?何を許さないの?」(7巻33章p.430)とリリーに詰問された時。「そういうつもりじゃ―」と言い返していますが、言われている時は「い」だったのではないかと思います。
リリーの剣幕に圧倒されるセブルスは、たびたび見られたのではないかと思います。

教師時代でも、皆無ではないような気がします。
5巻24章p.187に、こんな描写があります。
「『神秘部』には何があるんですか?」
「何と言った?」スネイプが低い声で言った。なんとうれしいことにスネイプがうろたえているのがわかった。
スネイプ先生、「うろたえている」とハリーに思われるとは失態ですね。ハリーに不意をつかれて微かに「い」の表情をしていたら可愛いです。

「う」
7巻33章p.417に「何か違うの?マグル生まれって」とリリーに聞かれ、躊躇する姿が見られます。
これも「うっ」という表情かな、と思います。
7巻33章p.442~443「ドラコが失敗すれば当然その仕事を引き継ぐのは、きみじゃろう?」と言われた瞬間。一瞬の間があり「う!」と言葉に詰まったのかな、と思います。
たじろぐ「い」と言葉に詰まる「う」は、関連の深い表情だと思います。
同じ会話でも相手の発言を聞いている段階では「い」で自分が発声しようとする意図がある時「う」。
だから、「い」で挙げた場面も直後に「う」に変わった可能性もあるのではないかと思います。

「え」
4巻25章p.177の"パジャマパーティ"で、ムーディーに「校長には謹んで伝えておこう。君の考えがいかに素早くハリー・ポッターに飛躍したかを!」と言われ「どういう意味だ?」と言ったスネイプ先生の表情は疑いを込めて睨みつける「え?」の顔だったのではないかと思います。むしろ「はぁ?」かもしてないけれど。
それから、7巻33章p.440でダンブルドアに組分けが性急過ぎると言われた時の雷に撃たれたような表情も、驚愕の「え?」だと思います。

「お」
これを探すのはとても難しいです。スネイプ先生が感嘆している場面などあったでしょうか?
実際になくても、この場面の行間にはあったのではないか、という場所は……。と頭を捻って思いついたのが次の場面。
3巻で、脱狼薬を届けようとルーピン先生の部屋に入ってで忍びの地図を見つけた時です。
ハリーから取り上げ損なった羊皮紙の切れっぱしに地図が浮かび上がり、ルーピンの名が移動しているのを一目見て、必要なことは全てわかったというスネイプ先生のその瞬間の表情は、「あ」より「おお!」が近い顔だったのではないかと思います。

以上、ざっと思いついたほぼ勝手な想像を挙げてみました。
表情の変化を極力抑えているようなスネイプ先生ですが、探せば(妄想すれば)まだまだたくさん出てくるのではないかと思います。

選択授業 - 2013.05.06 Mon

以前オフで語り合った際、学生セブルスは、選択授業に何を選んだか?という話題が出ました。
学生セブルスの人物像によってここはとても意見の分かれるところだと思います。

「好奇心旺盛で、あらゆる分野の学問に興味を持つのではないか」と見るなら、全部選択しそうです。ハーマイオニーのように、タイムターナーを使ったことも考えられます。
「関心と無関心の差が激しく、興味に偏りがあるのではないか」と見るなら、見向きもしない科目もありそうです。
私のイメージする学生セブルスは、興味に偏りのある後者です。
では、私のイメージする学生セブルスは、どの科目を履修するのでしょう?ちょっと真剣に考えてみようと思います。

まずは、ハリーたちの選択科目選びから見てみます。
選択科目が登場するのは、三年生からです。
どの科目を選択するか考える課題が出たのは、二年生のイースター休暇の時でした。
この場面(2巻14章p.372~374)で出てきたのは、『数占い(Arithmancy)』『古代ルーン文字(Study of Ancient Runes)』『占い術(Divination)』『マグル学(Muggle Studies)』『魔法生物飼育学(Care of Magical Creatures)』の五科目で、これが選択科目の全部だと思われます。
(この時ハーマイオニーは全科目を登録したとあり、後に占い学とマグル学の履修をやめ、十科目でO.W.Lをパスしました。O.W.L試験の必須科目が、『天文学』『呪文学』『闇の魔術に対する防衛術』『薬草学』『魔法史』『魔法薬学』『変身術』の七科目だとすると、残りの三科目が選択科目で、それが占い学とマグル学を抜いた三科目ということで計算が合うからです)

では、この五科目のどれをセブルス少年は選んだでしょう?

『数占い(Arithmancy)』
いきなり難しい。そもそも数占いが何であるのかよくわかりません。
Arithmancyで調べると、アルファベットを数字に置き換えて占う形の数秘術のようなものに見えます。
この「占い」が論理的に証明できるものであるとセブルスが判断するかどうかで履修の有無が分かれそうです。

『古代ルーン文字(Study of Ancient Runes)』
これは履修したと思います。
ルーン文字のみで書かれた文献などありそうですし、「読めないから」という理由で読まない人ではないと思うからです。
また、ペンシーブの縁にはルーン文字が書かれているように、魔法の世界では日常的に目にする機会の多い文字だと思われ、関心を持たないとは思えません。

『占い術(Divination)』
これは履修しなかったと思います。
トレローニー先生はこう言っています。「『眼力』の備わっていない方には、あたしがお教えできることはほとんどありませんのよ。この学問では、書物はあるところまでしか教えてくれませんの」(3巻6章p.136)
マクゴナガル先生はこうです。「『占い学』というのは魔法の中でも一番不正確な分野の一つです。私があの分野に関しては忍耐強くないということを、皆さんに隠すつもりはありません」(3巻6章p.145)
また、ハーマイオニーも「とってもいい加減」「あてずっぽうが多すぎる」(3巻6章p.146)と言ってい、天分とか感性とか生来持っているものに頼るような分野だとわかります。
論理的なスネイプ先生には、理解できないというか、興味のない分野だったのではないかと思います。

『マグル学(Muggle Studies)』
これはどうでしょう?
私は履修しなかったのではないか、という気がします。
ペチュニアへの話し方やリリー以外のマグル生まれを「穢れた血」と呼ぶことに躊躇しなかったことから、マグルに対しては、嫌悪感を持っていることが伺われます。
そもそも、リリーはマグルとしては見ていなかったと私は考えています。むしろ最も魔女らしい、というか魔法界の象徴のように見ていたのではないかと考えています。だから元々「穢れた血」と言わなかったのだと。
もちろん、リリーを傷つけないために言わなかったとも考えられますが、「きみは魔法の力をたくさん持っている」(7巻33章p.417)という言葉には強い憧れがにじみ出ていて、マグルとは一線を画しているように思います。
また、マグルの世界を出てホグワーツに行くことに大きな希望を持っていたようですから、わざわざマグルのことを思い出すような授業は選択しなかったのではないかと思います。決める時期が二年生であることを考えても、選択しなかったのではないか、と思います。
ただ、学生時代に履修しなかったとしても、後に独学で学んだのではないか、という気はしていて、教師時代のスネイプ先生は自分の体験のみに頼る偏ったマグル観は持っていないと思います。

『魔法生物飼育学(Care of Magical Creatures)』
これも難しいです。
魔法生物に対しては興味はあったと考えていますが、「飼育(care)」に関して学生時代のセブルスは興味があったかどうか疑問です。生態を机上で学ぶだけなら、『闇の魔術に対する防衛術』の分野になるのでしょうか。ロックハートやルーピンの授業で生きた魔法生物が出てきましたが。
パーシーがハリーにアドバイスした言葉も気になります。
「兄のチャーリーは外で何かをするのが好きなタイプだったから、『魔法生物飼育学』を取った」(2巻14章p.374)
外で何かをするのはあまり好きではなさそうなセブルスですから、選ばなかったようにも思えるし、意外と動物に触れるのは嫌ではなかったのでは?という特に根拠のない妄想もあったりして(笑)、判断が難しいです。

こうして改めて考えてみると、“私の”学生セブルスはあまりたくさん履修してなさそう。
魔法薬学と闇の魔術と創作魔法に心血を注いでいて他のことに余裕がなかった印象です。
二つ以上選択しないといけないなら、『古代ルーン文字』の他に『数占い』か『魔法生物飼育学』のどちらかと言ったところ。
と書きつつ、オールマイティになんでもこなし、十二ふくろうを取るセブルスも捨て難いです。
また、リリーと同じ教室に居たいがために、リリーの選択科目を無邪気に尋ね、同じ科目を登録するセブルスの可能性も否定できません。何しろ、登録手続きする時(二年生のイースターの時期)は、13歳ですから。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード