topimage

2013-02

閉心術中 - 2013.02.11 Mon

ちょっと時間が経ってしまったのですが、以前、ヴォルデモートに対する閉心術について、「本心を隠すだけではなく、ヴォルデモートに見せるための、ダミーの感情(ハリーたちへの憎しみ、ダンブルドアに対しての怒りなど)が必要そう、そうでないと何か大事な感情を隠していると、疑われてしまいそう」という内容のコメントをいただきました。

このコメントをいただいて、私が想像する閉心術とはイメージが違うと思いました。
考えてみれば、文章だけで示された魔法の説明ですから、解釈も色々出てくるのだと思います。
では私が閉心術についてどのようなイメージを持っているのか、その時は自分でもよくわからなかったので、ここでまとめてみようと思います。(文中開心術と閉心術が入り混じっています。文字が似ているのでご注意ください)

閉心術については、既に何度か語ったことがあります。
閉心術
閉心術2
 
最初は、ヴォルデモートの烈しい視線すら貫けないほど心を閉ざせるスネイプ先生の強さや技術を誇りつつ、そこまで感情を抑え込むことのできたスネイプ先生の苦しみを嘆き、普段から自分の悲しみを封じ込め気持ちをすり替えていたからではないかと想像し、どれほどの苦しみを押し殺してヴォルデモートの腹心の部下を演じ続けたのだろうと心を痛めました。
次に思いついたのが、自分の悲しみを封じ込める力が強かったからではなく、それほど強い愛があったということなのではないか、リリーを失った悲しみが心を閉ざす力を強めたのではなく、リリーを愛する気持ちが、ヴォルデモートを寄せつけなかったのではないかと考えました。内に閉じ込める力が働くのではなく、内からの力が外部からの侵入を許さない、というイメージです。

後者は今も私の閉心術のイメージですが、それは見せたくないものをどうやって見せないか、ということであって、ではヴォルデモートがスネイプ先生に対して開心術を使うと何が見えるのか、ということまでは書いていませんでした。
何も見せない、ということも可能かもしれませんが、逆に不自然過ぎるので、何かは見せているのではないかと思います。

私のイメージでは、ハリーがプロテゴでスネイプ先生の記憶を覗いてしまった時に見えたものが近いです。
不仲な両親と泣いている自分とか、箒にうまく乗れない屈辱的な場面とか、要するにヴォルデモートがその時確認したいと思っている事柄とは無関係の昔の記憶が見えるのではないかと思っています。

ハリーは閉心術の初授業の日、スネイプ先生との個人授業を嫌がりながらもしぶしぶ研究室に赴き、説明を聞いて、何をしたら良いかわからないまま無防備に開心術に晒されました。
すると、切れ切れの映画のように、画面が次々に心を過ぎり、最初にハリーが目にしたのは、五歳の時の光景でした。
ここでは、ハリーはスネイプ先生に対しての憎しみや怒りを隠そうともしていないのにスネイプ先生とは無縁の記憶が呼び起こされています。
つまり、それが疚しいことのない人が開心術を受けた時の自然な反応なのだと思います。
ハリーがセクタムセンプラをドラコに向けて使ってしまった時、スネイプ先生はハリーに開心術を使いました。その時、ハリーはプリンスの上級魔法薬の本を思い出さないように努力しながらもそれを頭に浮かべることを止められませんでした。
疚しいことがあった時、たいていの人はそれをイメージするのを止められず、相手に知られてしまうのだと思います。
スネイプ先生は、ヴォルデモートに対して嘘をついても疚しい気持ちにならない強さを持ち、特に見せる記憶をコントロールするわけではなく、自然な反応らしくその場面とは無関係な記憶は見せ放題にしていたのだと私は考えています。

5巻の閉心術の課外授業で呼び起こされたハリーの記憶については、以前「非常に強い感情が湧き上がった時の記憶が選ばれているのではないか」というようなことを書きました(蠅を打ち落とす少年
その点については今も同じ考えで、スネイプ先生の場合も、心が強く動いた場面の記憶が見られ易いのだと思います。
ハリーとの個人授業であらかじめ抜き取っておいた記憶などは、まさにその最たるもの。
屈辱感と怒りと激しい後悔の混じった感情が蘇るその場面は、抜き取っていなかったら真っ先に見られてしまう記憶なのだと思います。
そして、ヴォルデモートに対しては、マグルを「汚れた血」と呼び、グリフィンドール生を攻撃したり罵ったりする場面は特に隠す必要もないことなので、たぶんたびたび見られたことでしょう。同時に自分も見なくてはならない辛さに耐えながら、スネイプ先生は黙って開心術を受けていたのだと想像しています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード