topimage

2012-12

リディクラス - 2012.12.24 Mon

Pottermoreでボガートスネイプ先生を見たら、急に書きたいことが出てきました。
先日、いただいたコメントへの返信で「閉心術については後日書きます」と書いたのですが、こちらを先に書きます。

3巻7章のルーピン先生の初授業は、職員室に移動して行われました。
その時、職員室にはスネイプ先生がただ一人、低い肘掛に座っていて、生徒たちが入ってくると立ち上がって出ていこうとします。「我輩、できれば見たくないのでね」と言って。
その言葉に続けてネビルの出来の悪さをルーピンに話したので、できれば見たくないものがネビルの醜態だと思わせますが、その場にいたら何かのはずみで自分の一番怖いものを生徒の前に晒すことになるからではないか、見たくなかったのは自分自身の“恐怖”ではないか、と7巻以降は考えています。

今回気になったのは、ボガートがスネイプ先生の前で何に変わるか、ということではありません。
スネイプ先生のボガートは、リリーの遺体ではないかと私は考えているので、それを前提にしてその先が気になりました。つまり、変身したボガートを前にしてスネイプ先生が「リディクラス!」と呪文を唱えたら、一体ボガートがどんな姿に変わるのか、ということです。

ボガートを退散させるためには笑いをとらなければなりません。
自分が滑稽だと思う姿を思い浮かべます。例えばネビルはスネイプ先生を女装させ、パーバティはミイラの包帯を解いた上で躓かせたわけです。ルーピンも銀白色の玉(月)をゴキブリに変えました。(映画では白い風船の空気が抜けていく様子が描かれてしましたが、原作ではゴキブリです)

では、スネイプ先生はリリーの遺体を前にして、一体どんな滑稽な姿に変えられるのでしょうか?
もしかしたら、モリーのように動揺してしまうのではないかと私は想像しています。
スネイプ先生は冷静だし、5巻でハリーの閉心術の課外授業をした時も、感情を制御できず悲しい思い出に浸る人を、“バカ者ども”“弱虫”と言い放ちました。自分の悲しい思いは強く抑え込んでいることが窺われます。
でも、悲しみを押し殺すのと悲しみを笑いに変えるとでは大違い。たとえ偽物であったとしても、命の失われたリリーの姿となって横たわるものを、笑いに変えることなど到底できなかったのではないかと思います。
蜘蛛やミイラを恐れるのとは恐怖の質が違うのです。
モリーもリディクラスを唱えながら失敗して次々大事な人の遺体に変わっていくばかりだったのも、きっとそんなところに理由があったような気がします。

それに、そもそも、スネイプ先生は笑いを取るのはすごく苦手なタイプに見えます。
リリーの死以前に、ボガートがスネイプ先生の怖いもの(例えばヴォルデモートとか)になったとしても、真面目なスネイプ先生は、恐怖の対象を滑稽な姿に変えて笑い飛ばすのは難しかっただろうな、と思います。憎いジェームズなら、いくらでも嘲笑できるような姿に変えられたでしょうけれど。

スネイプ先生は、ボガートが変身した自分の恐怖の対象を見たくないのと同時に、それをスマートに笑いに変えられない自分の姿を「できれば見たくない」と言ってその場を去ったのではないかと思います。

鰓昆布 - 2012.12.09 Sun

4巻の三校対抗試合の第二の課題で、ハリーはドビーから渡された鰓昆布(ギリウィード)によって、水中で一時間余りを過ごすことができました。
鰓昆布を食べると、肺呼吸の代わりにエラ呼吸をするようになり、手足の指の間には水掻きができたのです。

鰓昆布はスネイプ先生の個人の保管庫からドビーによって盗まれたものだと後にわかります。
スネイプ先生は、鰓昆布を所持していたのですね。
これは壁に並ぶ瓶詰めの標本の中ではなく、薬の材料を個人的に保管する棚にありました。ポリジュースの材料の毒ツル蛇の皮があった場所でもあります。
ということは、スネイプ先生は鰓昆布を材料として使っていた、若しくはそれ自体を使っていたのだと思われます。
スネイプ先生は、ハリーが湖に入った時のように、鰓昆布を使って水に入っていたのではないでしょうか。水の中にしか生息しない動物や植物を採集するために。

そもそも、スネイプ先生自身はハリー同様泳げなかったと思います。
ダーズリー夫妻がハリーに水泳の訓練を受けさせなかったように、スネイプ先生の両親も水泳の訓練を受けさせなかったと思っています。父親は無関心から、母親はマグル的な発想の欠如から。
また、本人もスポーツは好きではなかったようですから、ますます泳ぎからは縁遠かったに違いありません。それでも、材料の調達や標本の作製のためには、湖の中に進んで入っていくこともあったのではないかと推察しています。

鰓昆布はねずみの尻尾を団子にしたような外観に加え、ヌルっとしたゴムのような、蛸の足のような食感を持っています。それを口に入れ、微妙な表情で咀嚼している姿を想像するととても楽しいです。
でも、鰓昆布を食べた時に身体に生じる変化がスネイプ先生にも起こっていたかと思うと、戸惑いを隠せません。
首の両脇に刺すような痛みとともに生じる鰓、緑色で半透明に見える手、手足の指の間にできた水掻き。
そんな外観の変化を想像すると、誰?という感じで、さすがに苦笑してしまいます。
生徒たちには死んでも見られたくない姿でしょうから、スネイプ先生が湖に入るなら、夏休みだと思います。まあ水温的にも妥当なところですね。

ところで、水に入る時スネイプ先生はどんな服装だったのでしょう。
ハリーは第二の課題ではローブを着たままでしたが、それは着替える時間がなかったから。クラムは水泳パンツを履いていました。
しかし、たとえ生徒たちがホグワーツに一人も残っていなかったとしても、やっぱりスネイプ先生が水泳パンツになるとも思えません。
いつも通りの黒装束で、まさに昆布のような姿で泳いでいたのではないかと想像しています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード