topimage

2012-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホークラックス - 2012.02.08 Wed

フィニアス・ナイジェラスの情報によって、ハリー達がディーンの森にいることがわかると、ダンブルドアは、スネイプ先生にグリフィンドールの剣をハリーに与えることを命じました。
「必要性と勇気という二つの条件を満たした場合にのみ、剣が手に入るということを忘れぬように―さらにそれを与えたのがきみだということを、ハリーは知ってはならぬ!」(7巻33章p.455)という条件を示して。
一方的に指示するダンブルドアは、「それで、この剣をポッターに与えることが、なぜそれほど重要なのか、あなたはまだ教えてはくださらないのですね?」(同)とスネイプ先生に聞かれても「そのつもりは、ない」(7巻33章p. 456)とにべもありません。

ダンブルドアがハリーには教え、スネイプ先生に対しては頑ななまでに教えなかったのは、ホークラックスに関すること全てでした。
ホークラックスになっている物質の話題の時は、核心に触れるのを悉く避けています。
ハリーが死ぬことでヴォルデモートも破滅する、という最終目標は告げておきながら、その過程にある、ヴォルデモートの魂が宿るホークラックスの破壊のことも、それ以前に、魂が分割されて幾つかの物質の閉じ込められていることについても、全く説明を省き、話を逸らしているのです。
スネイプ先生は、ホークラックスについて何も知らなかったのでしょうか。
スネイプ先生がホークラックスに関わる場面を探してみました。

ハリーに託した記憶内で、指輪にかかった呪いが異常に強いものであったことを見抜いたスネイプ先生ですが、「指輪を割れば、呪いも破れると思ったのですか?」と剣と指輪を見ながら聞いています。
ホークラックスは、ひとりでに回復できないほど強い破壊力を持ったものでないと破壊されません。バジリスクの毒やその毒を吸収したグリフィンドールの剣、悪霊の火などがそれにあたります。
スネイプ先生はまさにその破壊力を持った剣とホークラックス自体を、この場面で目にしているのですが、指輪に込められた魂ではなく、その魂を狙うものを遠ざける呪いの方に注意が向いています。

ハリーに情報を与えて自分には情報をくれないとスネイプ先生が不服を訴える場面では、閉心術ができないハリーのことを話題にしているのにダンブルドアは魂の話を持ち込み、「魂?我々は、心の話をしていたはずだ!」7巻33章p.447)とスネイプ先生は抗議しています。
やはりヴォルデモートの魂が、分割し損傷されているとは知らないように見受けられます。

どちらの場面からもホークラックスを知っていそうな気配は私には感じられません。やはり知らなかったのでしょうか。
図書館にあったホークラックスに関する本は、ダンブルドアが全て抜き取り、保管していました。おそらく、かつてリドルがその本を読んだ後に。
セブルスはリドルの後の時代の学生ですから、いかに勉強熱心で本好きであっても、無い物は目にする機会はないし、耳にしたことのないことは調べようと思うはずもありません。
けれど、スネイプ先生と同じ寮でシリウスの弟、年下(1961年生まれ)のレギュラス・ブラックは知っていました。

7巻10章のクリーチャーの話によれば、レギュラスは16歳で死喰い人に加わり、その一年後にクリーチャーをヴォルデモートに差し出し、クリーチャーが帰ってきてしばらく日が経ってから、偽のロケットに手紙を入れたものを持って洞窟に向かい、そして薬を飲んで水に引き込まれ命を落としました。
17歳か18歳だと思われます。図書館に参考となる本が無いのはセブルスと同様なのに、多分まだ卒業すらしていないレギュラスが、なぜホークラックスのことを突き止められたのでしょう?

同じ疑問を持った人が、ローリングさんに質問した際、ローリングさんは、ヴォルデモートがかつて(4巻で)ハリーにほのめかしたように、レギュラスの前でも不死を実現させるものの存在をほのめかしたというようなことを話しています。傲慢な彼は、その話を理解するほど賢い人がいるとは思わなかったと。

ヴォルデモートは確かに、ハリーにかけようとした呪いが跳ね返った後、「霊魂にも満たない、ゴーストの端くれにも劣るものになった」「だれよりも深く不死の道へと入り込んでいたこの俺様が」「おまえたちは、俺様の目指すものを知っておろう―死の克服だ」「俺様の実験のどれかが功を奏したらしい」「俺様は死ななかったのだ」(4巻33章p.453)などと今になってみればホークラックスのことだとわかる話をしています。しかも、何人もの死喰い人の前で。

そんな話を17歳かそこらのレギュラスに話したのなら、たいして歳の違わないセブルスに話してもおかしくないと思うのですが。
後にヴォルデモートの右腕的存在なってからは、「賢い男だ」と評しているスネイプ先生に対して、万が一の用心のために話さなかったかもしれませんが、若いころなら、話したと考えてもおかしくないと思います。

レギュラスがヴォルデモートの不死の秘密を探る際、図書館には参考となる本はなかったでしょうが、高貴なる由緒正しきのブラック家には、そういった本もあった可能性が高いと思われます。
一方セブルスもまた、入学時、既に7年生の大半より多くの呪いを知っていたとのことですから、レギュラスと同じ情報を得れば、好奇心旺盛なセブルスならそれが何を意味するか、図書館以外の場所にも答えを求めて出かけていきそうです。
また、母親のアイリーンは、リドルと同じくらいの世代と思われ(プリンスの本が6巻時点で50年ほど前に発行されたものだったことから)、アイリーンなら図書館でリドルと同じ本を目にした可能性もあり、健在だったなら、何かしらのヒントは聞くことが出来たかもしれません。
それに、6巻で闇の魔術に対する防衛術の授業を担当した時、闇の魔術について、愛撫するかのように話したスネイプ先生が、この闇の魔法を全く知らなかったとは私には思えません。
スネイプ先生は、ホークラックスのことを知っていたかもしれない、という気もしてきます。
もしかしたら、スネイプ先生は知らない振りをして、ダンブルドアが自ら進んで打ち明けてくれるのを待っていたのかもしれません。

<2/11追記>
いただいたコメントにお返事しようと6巻を読み返すうち、ダンブルドアとハリーの、ホークラックスに関する重要な話し合いを、校長室の肖像画たちがはっきり聞いてしまった部分に気付きました。しかも、魂を七つに分けるという部分まで。
これを後に校長となったスネイプ先生の前で話題にしないとは思えません。
肖像画には現職校長に仕える盟約がありますから、ダンブルドアの口止めもあまり意味をなさないような気がします。(しかし、どう見ても肖像画のダンブルドアが現職のスネイプ校長に仕えているようには見えませんが)
やはり、スネイプ先生にとっては、ダンブルドアが教えないことの内容よりも、教えてくれないこと自体が問題だったように思います。
このことは、ダンブルドアがなぜ教えようとしなかったも含め、次回、もう少し考えてみるつもりです。(答えは出ないかもしれません)

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。