topimage

2006-11

スネイプ先生の欲求段階 - 2006.11.23 Thu

クリスマスを隠れ穴で過ごすハリーが、ウィーズリーおじさんにスネイプ先生とドラコとの会話の内容を伝えた時、そばにいたルーピンは一言も漏らさずその内容を聞いている様子でした。スネイプ先生が、本当にドラコに援助を申し出たのか、その振りをしていたのか、判断できないと言うハリーに、「私たちは判断する必要がないんだ」「それはダンブルドアの役目だ。ダンブルドアがセブルスを信用している。それだけで我々にとっては十分なのだ」(6巻16章p.17)とルーピンが口を挟みました。
後の29章p.450で、マクゴナガル先生やトンクスも、『騎士団員は全員、スネイプ先生を怪しんでいて、でもダンブルドアが信じていたから味方だと思っていた』というようなことを言っています。
2章では、ベラトリックスだけでなく、何人かの死喰い人から信用されていないこともわかりました。

スネイプ先生は、本当にあちこちで信用がなかったことが窺われます。騎士団員は自分たちの判断で先生を信じたのではなく、あくまで、ダンブルドアの判断を信じていただけ、という事実がとても辛いです。きっと、先生は、そんなこと百も承知だったのでしょうけど。
二重スパイの役割を与えられた以上、死喰い人も騎士団も欺かなくてならない立場にあるのでしょうが、それなら、そのトップにいるヴォルデモートやダンブルドアのどちらかは本当にスネイプ先生を信じていたのでしょうか。
何度か書いたように、ヴォルデモートは信じていないと思っています。利用しているだけで。ダンブルドアはいつも変わらず信じていると言いますが、その本心については、少し疑問があります。
6巻25章p.351で、ハリーに、優れた閉心術者であるスネイプ先生をこっちの味方だとなぜ確信しているのかと問われた時、ダンブルドアは何事かに関して意思を固めようとしているかのように、一瞬沈黙してから、「確信している」と答えています。ダンブルドアは、常に「信じようとしていた」のではないかと私は思っています。ヴォルデモートに対する気持ちと同様、完全に信じてはいないけれど、機会を与えようとして。このことについては、今後もじっくり考えていくつもりですが。

もし、本当は、スネイプ先生は誰からも信じられていないとしたら。
それを本人は知っていたとしたら。

私は、スネイプ先生の欲求段階について、以前から一番上の段階にあるのではないかと思っていました。(欲求段階については、ウィキペディアの自己実現理論を参照。本日の日記でも触れました)
つまり、『自分の能力・可能性を発揮し、創造的活動や自己の成長を図りたいと思う欲求』を満たそうとする段階にいるのだろうと考えていたのです。誰かに愛された経験のあるスネイプ先生ですし、ホグワーツ校教授としての地位はあるし、ヴォルデモートにも重要な仕事を任されているので、認められたい欲求は既に満たされて、高次の欲求段階にあると思っていました。
が、ここで、ヴォルデモートや死喰い人の誰からも、ダンブルドアと騎士団員の誰からも、信じられていないことを自覚している可能性を考えた時、スネイプ先生はもっと低い欲求段階にあるのではないかという気もしてきます。
親和(所属愛)の欲求 『他人と関わりたい、他者と同じようにしたいなどの集団帰属の欲求』とか、自我(自尊)の欲求 『自分が集団から価値ある存在と認められ、尊敬されることを求める認知欲求』の段階にいるのかもしれません。
スネイプ先生が、 誰かに認められたいという気持ちで動いているのかもしれないと思うと、切なさのあまり泣きたくなってきます。ヴォルデモートの強い信頼を勝ち得たい、或いは、ダンブルドアの本心からの信用を得たいと思って危険な任務についているのだとしたら、それは報われないかもしれないからです。
ヴォルデモートは決して他人を信用しないでしょうし、ダンブルドアの信用を得るための任務の途中にあるのなら、唯一認めてくれるはずのダンブルドアはもう死んでしまったのですから。
そして、ダンブルドアを殺して逃亡してしまった後は、魔法界のほとんどを敵に回してしまったに違いありません。騎士団をはじめダンブルドアの側にいた人々も魔法省も。そしてヴォルデモートがスネイプ先生を危険な人物と認識するようなことがあれば、闇の側の全ても。
そうなると、安全の欲求さえも満たされない状態なのではないかと、とても心配です。
今後どのような結末を迎えるにしても、スネイプ先生が満ち足りた気持ちでいられるような状態であって欲しいと切望しています。

ドラコとの会話2 - 2006.11.16 Thu

スネイプ先生とドラコの会話の続きを確認してみます。

「我輩は君を助けようとしているのだ。君を護ると君の母親に誓った。ドラコ、我輩は『破れぬ誓い』をした―」(6巻15章p.491)
『破れぬ誓い』については、ヴォルデモートは知っていると解釈していいのでしょうか。少なくとも、ドラコが開心されることで知られても構わないから言ったのでしょう。この言葉からはドラコへの協力(ダンブルドア殺害の協力)、に命を掛けていることがわかり、ヴォルデモートを裏切る内容は一つもないと思います。
ダンブルドア側だとしても、『破れぬ誓い』を持ち出して、真剣さをドラコに伝えつつ、ヴォルデモートにも疑われずに計画の内容を聞き出そうとしているように見えます。「君を助けようとしている」もダンブルドア殺害への協力ではなく、マルフォイ一家まるごと助けようというダンブルドアの気持ちを裏切らない言葉だと思います。

「君の友達のクラッブとゴイルが『闇の魔術に対する防衛術』のO.W.Lにこんどこそパスするつもりなら、現在より多少まじめに勉強する必要が」(6巻15章p.492)
これは、ダンブルドア側というか、教師としての配慮以外の何ものでもないと思います。すぐあとで「成功のためには不可欠な芝居」と言っていますが、ダンブルドアに対する芝居なら、真面目に授業で教えるだけで十分で、出来の悪い生徒の居残りまでする必要はない気がします。
どんな課目でも、O.W.Lに通らなかった生徒はいたはずで、他の先生だって「こんどこそパス」させるために居残りさせているわけではないでしょう。「まじめに勉強」というのは、本心のような気がします。そして、本当に闇の魔術の対して防衛する術(すべ)を身につけて欲しいのだと思います。

結局、ほとんどがどちらの側でも説明がつけられます。私としては、ヴォルデモート側ならこうは言わない、と納得できる言葉を探したかったのですが。クラッブとゴイルの話は、それほど説得力もないし。
本当にスネイプ先生は上手く立ち回っていると思います。
隙が見つかりません。


スネイプ先生とドラコの会話は、ドラコが話の途中で、部屋を飛び出していくという失礼な形で打ち切られました。ドラコはスネイプ先生が自分の栄光を横取りしたいのだと思っているようです。
そう言えば、今年のドラコはスネイプ先生に対して無礼な態度が目立ちます。今まで尊敬や好意を示していたのに、ハリーでさえ驚く口のきき方をしています。
世界が広くなったということでしょうか。今まではホグワーツという狭い世界の中での価値観から、自分の寮の寮監であるスネイプ先生を尊敬したり、監督生になって威張ってみたりしていたのが、ヴォルデモート直々の命令を受け、急に監督生もスネイプ先生もちっぽけな存在に感じられたのでしょうか。
ドラコが死喰い人かどうかははっきりしていませんが、『闇の印』をイメージさせる行動や、ヴォルデモートの命令があったことから、近いものはあると思います。スネイプ先生を同等のように考えるようになったということでしょうか。ライバル視すらしているように見えます。ベラトリックスとの閉心術の授業で、悪いイメージを植えつけられたのかもしれません。
こんな無礼なドラコにもスネイプ先生は冷静な態度を続けています。
沈黙が3度あったのは、そっと深呼吸でもして気持ちを静めていたのかもしれません。売り言葉に買い言葉でうっかり本心が出ないよう、注意しているのでしょうか。

そんな無礼な態度をとられた後、スネイプ先生はパーティに戻っていきました。底のうかがい知れない表情で。
全ての感情を押し殺して、それでもスネイプ先生はパーティに参加するのですね。楽しくもなんともないでしょうに。ただそこに存在するだけで得られる信用のためにでしょうか。
ドラコをずっと見張って気を張っているに違いないスネイプ先生。
それはハリーが入学した時からずっと続いていることかもしれません。
今年は見守る人の数が増えただけで。
その上、あちこちで隙を見せないように振る舞い、心身共に休まる時などあるはずがありません。本当に少しでも休ませてあげたいです。

ドラコとの会話1 - 2006.11.12 Sun

スラグホーンのクリスマスパーティを抜けてドラコと会話するスネイプ先生の真意は、何度読んでも測りかねます。何かヒントはないかと探すのですが、本当にどちらの側ともとれる言い方をしていて、見つけられません。

後の27章のドラコとダンブルドアの会話から、ダンブルドアはだいぶ前からドラコの任務を知っていたとことがわかります。2章直後でしょうか。その際、スネイプ先生にドラコの行動を止めさせようと見張らせた、と言っています。しかしドラコはダンブルドアの命でスネイプ先生が動いたわけではないと思っていました。そうとも考えられます。
クリスマスパーティでの二人の様子や会話をチェックし、それぞれの立場から考えてみます。

まずフィルチに捕まったドラコが、スラグホーンにパーティへの参加を認められた時、ドラコは失望し、スネイプ先生が恐れの表情を見せた場面。
ドラコが失望したのは、パーティに参加するのが目的ではなかったからでしょうが、彼は何をしようとしていたのか。
上の階でうろついていたのは、直接ダンブルドア殺害にかかわる何かを実行しようとしていている途中だったのでしょうか。それとも、フィルチに捕まって校長に突き出して欲しかったのでしょうか。結局実現せずに終わったということだと思います。
では、そこでスネイプ先生が恐れを見せたのはなぜでしょう。
ドラコがダンブルドアを狙っていることに周囲が気付くのを恐れたからではないかと思っています。
27章で、ドラコを疑っていることをヴォルデモートが気付けばドラコが殺されるとわかっていた、とダンブルドアも言っています。そのため、ハリーは既にずっと前からドラコを疑い、訴えていましたが、認められることはありませんでした。
でも、ダンブルドアがいくら知らない振りをしても、今回のように多くの目撃者がいては隠しきれず、ドラコが怪しまれることになります。
それがヴォルデモートに知れたら、ドラコは殺され、スネイプ先生も死にますから、恐れたのだと考えています。これは、どちらの側であっても共通していると思います。
まず、ドラコがヴォルデモートの怒りを買うことを阻止しなければ、ドラコの命も自分の命も守れなくなるからです。軽率な行動に恐れすら感じたということだと思います。
後の会話でも「ミスは許されないぞ、ドラコ。なぜなら君が退学になれば―」「すでに君が関わっているという嫌疑がかかっている」(6巻15章p.489~490)とあり、同様に周囲がドラコを疑うような行動を諌めているのだと思います。

「そんな目で僕を見るな!おまえがいま何をしているのか、僕にはわかっている」「ベラトリックス伯母さんが君に『閉心術』を教えているのか」(6巻15章p.490)
スネイプ先生は開心術を使っているようです。どちらの側であっても、やはりドラコの企みの内容を知る必要があると思います。結局ドラコは阻止できたということでしょうか、先生が術を解いたのかわかりませんが。

以下の質問をしてさらに追及しています。
「どういう計略だ?」「何をするか話してくれれば、我輩が手助けすることも―」(6巻15章p.490~491)
ダンブルドア側の場合、ドラコの企みの具体的な方法を探り、ダンブルドアに伝えて、今後の方針を決めたい、ということでしょうか。
ヴォルデモート側だった場合も、ドラコの任務についてはわかっているものの、命令されたのはドラコである以上、いきなり手出しはできません。その方法に無理があれば助言を与えて遂行させようと考えたのだと思います。

この会話の場面、少し長いので続きはまた次回にします。

スラグホーンのクリスマス・パーティと吸血鬼 - 2006.11.04 Sat

スラグ・クラブのメンバーは、スラグホーンが催すクリスマス・パーティに、それぞれパートナーを連れて参加することになっていました。
ハリーはルーナと、ハーマイオニーはロンと仲違いしてしまい、マクラーゲンと行きました。
4巻でのクリスマスパーティもそうでしたが、こういうパーティというものは、一人で参加するものではないということですね。
ということは、このパーティに参加していたスネイプ先生も例外ではないということでしょうか?
それとも、教師は別なのでしょうか。もし、誘うとしたら、それは教職員同士なのか、成人していれば七年生の生徒でもいいとか?いや、やっぱり卒業するまではまずいでしょう。
ハリーがトレローニー先生と話しているところに現れたスラグホーンが、どこからともなく呼び出したかのように、スネイプ先生を引き寄せたというのも、怪しいです。背が低いスラグホーンのリーチはそんなに長いとは思えません。トレローニー先生のごく近くにスネイプ先生がいたということでしょうか?
一緒に来たのでしょうか。いえ、偶然だと思います。
パーティ会場は混み合っていたようですから、たまたまだと思います。トレローニー先生は一人でぽつんと立っていましたが、大人だったら、パートナーをひとり置いていくようなことはしませんよね。ハーマイオニーと違って。

さて、このパーティには、吸血鬼も来ていました。
スネイプ先生はかつて、その顔色や黒尽くめの服装などから、吸血鬼なのではないかと、ファンの間で言われたことがありました。
それについては、ファンの質問に答えて、ローリングさんが、関係はないと思うけど、というようなことを言っています。
ですが、ローリングさんの言葉は気をつけないといけないことが、6巻を読んでわかっています。スネイプ先生は純血かという問いに、彼の祖先についてはヒントがある、死喰い人だったからマグルではないと答えたことから、私を含め多くの読者が純血だと思ったのでした。
「マグルではない」と「純血である」はイコールではないのに。
そう考えると、「スネイプとヴァンパイアにつながりはありますか(‘Is there a link between Snape and vampires?’)」「むむ、ないと思うけど(‘Erm…I don't think so.’)」についても慎重に考える必要があるかもしれません。 

このパーティに参加していた吸血鬼、サングィニの風貌や行動について確認してみます。
背が高くやつれていて、目の下に黒い隈がある。
飢えた目つきで、周囲の女の子の群れにじりじり近づく。
肉入りパイを食べるよう勧められる。
やつれた(emaciated)という表現はスネイプ先生にはなかったように思います。スネイプ先生は痩せた(thin)と表現されている点で区別されているような気がします。
また、先生は顔色こそ土気色ですが、目の下の隈は指摘されていません。
ですが、見た目の違いよりも、大きな違いが行動にあるようです。
飢えた目付きで女の子に近づくなどということは、まずスネイプ先生にはありませんでした。
さらに、この吸血鬼のサングィニをつれてきたウォープルは、サングィニに対して、子どもかペットに対するような命令口調で対応しています。知能はそれほど高くないと思います。
仮にずっと遠い祖先に吸血鬼がいたとしても、何らスネイプ先生に影響を及ぼしていないようです。まるで似ていません。
以上のことから、私は、スネイプ先生はやはり吸血鬼とは関係がないと思っています。

でも、ちょっと気になるのが、血に限らず、肉入りパイも食べられるという点でしょうか。スネイプ先生の食生活に関する描写が無いので、比較しようがありませんが。
先生の事で、唯一つわかっているのは、スピナーズエンドで、ワインを飲んでいたこと。そのワイン、血のように赤いワインでした!

11/6追記
「幻の動物とその生息地」に吸血鬼について記されていることを教えていただきました。鬼百合さん、ありがとうございます!

1811年、魔法社会の大多数が容認できる「ヒトたる存在」の定義ができたようです。その定義とは、「魔法社会の法律を理解するに足る知性を持ち、立法に関わる責任の一端を担うことのできる生物」(「幻の動物とその生息地」p.18)というものでした。
知能はそれほど高くなさそう、と書きましたが、法律を理解するに足る知性はあるのですね。

しかし、鬼婆とともにヒトたる存在として認められたことで、ケンタウルスが同類扱いされることに異議を申し立てています(結局ケンタウルスはあえて「動物」に分類されることになっています)
吸血鬼は人の血を欲し、鬼婆は子どもを食べようとする点が、ケンタウルスに嫌悪感を抱かせているのだと思います。
また、極めて高い知性がありながら、野蛮な性格を抑制できないアクロマンチュラやマンティコアも動物に分類されています。

これらのことから、吸血鬼は、ケンタウルスに同類だと思われたくない野蛮さがあり、且つその野蛮な性格はある程度制御できる、ということがわかります。

うーん、スネイプ先生と関係があるかどうか、やはりよくわかりません。ただ、人狼のようにヒトたる存在について議論されたことのある種族の方が、物語の中でも重要な位置にいますから、先生に関係あるかどうかはともかく、吸血鬼だって今後無関係ではなくなってくるかもしれません。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード