topimage

2006-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎のプリンス - 2006.05.28 Sun

ハリーポッター6巻を読み終えた後のなんとも言えない虚脱感から、まだ抜け出せずにいます。
二度読み返したものの、スネイプ先生のことが、余計にわからなくなるばかりです。
今後、どの様な方向で書き進めていこうか迷います。
と、ここまで書いて、このブログの本来の目的を思い出しました。開設したときに私が書いた言葉を。「何を考えているのかイメージがつかみ難い人物」「私の中のスネイプ像をはっきりさせる目的で」
そうでした。読むほどにその真意がわからなくなるスネイプ先生のことをもっと知りたい思いから、このブログを開設したのでした。
そして、5巻まで検証したところで私の中になんとなく出来上がっていた私なりのスネイプ先生像は、どんなに冷たい言葉を放っても生徒の安全は必ず守る人、陰でひっそり主人公を助けている人、苦しみを一人抱え込んでいる人、でした。

6巻を読むと、解釈によっては上記の全てを兼ね備えているようにも思えるし、実は全く逆なのではないかとの思いもよぎるし、結局振り出しに戻ってしまったのでした。
大好きな気持ちは今も変わらないどころか、更に強くなったようです。

既に6巻を読み終わった身近な人々から「なぜ、あんなことをする人が好きなの」という、率直な疑問を投げかけられました。
でも、それは違います。「過ちを犯すような人が好き」なのではなく、「好きな人が過ちを犯してしまった」のです。
心から愛している人が、過ちを犯したからといって、嫌いになってしまえるものではありません。私も一緒に苦しみながら、地獄の底までもついていきたい心境です。

ダンブルドアのことについては、諸説ありますが、私は本当に死んでしまったと思っています。ですから、それを前提にスネイプ先生の真意を探っていこうと思います。
正直、今の時点では、味方であって欲しいけれど、敵かもしれないとも思っています。
この状態で書き始めます。語らずにはいられないからです。
今まで通り、スネイプ先生の各場面を見て、感じたことを書いていきます。
それは考察とはとても呼べないものですが、一緒に考えてくださると嬉しいです。文を読んで何か思うことがあったら、コメントをお寄せください。スネイプ先生を考える上でのヒントにさせていただきたいので。
よろしくお願いいたします。

あっそれから、もうホグワーツの先生ではありませんが、私の中ではいつまでも「先生」なので、今後も「スネイプ先生」とお呼びします。
スポンサーサイト

落ちました - 2006.05.21 Sun

魔法省での戦いの後、ホグワーツに戻ってきたハリーは校長室でダンブルドアから、今回の事件の真相や過去の秘密など今までわからなかったことを次々聞かされます。その中で、スネイプ先生の行動についても説明がなされました。
暗号めいた警告をスネイプ先生は理解したこと、スネイプ先生もすぐにシリウスと連絡をとろうとしたこと。また、森から戻らないハリーを心配して騎士団のメンバーに警告を発し、シリウスには本部に残るよう頼んでいた事。そして、森から戻らないハリーがどこに行ったか推測したこと。アンブリッジに偽の真実薬を渡していたこと。

1巻から4巻まで、私は主人公のハリーにすっかり感情移入して読んできました。そのため、ハリーが嬉しいと思えば嬉しく、憎いと思えば憎く感じながら物語の中にありました。
ところが、5巻は少し様子が違いました。思春期のハリーは絶えずイライラしていてこちらの気持ちがついていけない感じです。思春期を過ぎた私は、少しハリーの気持ちに距離をおいて読んでいたかもしれません。
スネイプ先生に対する憎しみも以前ほど感じなくなっていました。騎士団の一員として命懸けの任務に就いているということも影響したかもしれません。その上、幼い頃の記憶や学生時代の記憶を垣間見て、少々気持ちが揺れていました。
そして、ホグワーツに残る最後の騎士団員として、ハリーが暗号のような言葉に望みを託して以降、スネイプ先生への期待が私の中に芽生えていました。
そこへきて、上記のようなダンブルドアから聞かされたスネイプ先生の陰の行動。
ここで完全に恋に落ちました。スネイプ先生カッコいい
そして今までハリー視点で読んできた「ハリー・ポッター」1巻から読み返してみると、今まで気付かなかったスネイプ先生の魅力が満載でした。先生方に誤解されながらも全力でハリーを守ったり、人知れず生徒も囚人も担架で運んだり、大臣の前で闇の印を曝したり。
スネイプ先生が好きで好きでたまりません。
もうこうなってしまうと、今までどんなにハリーに辛くあたろうとも、学生達に対して冷たい言動があろうとも、そして今後どんな事態に陥っても、スネイプ先生を支持していく以外の道を私は選びたくありません。
こんなに好きになってしまったのですから。
信じてついて行こうと思います。


5巻37章を読んで以降、5巻までを念頭に1巻からのスネイプ先生を語ってきましたが、それはひとまずこれでおしまいにします。
今後は6巻についてゆっくり考えていこうと思います。
まだ読み込めていないので、少し時間がかかるかと思いますが、よかったらお付き合いください。


最後の頼みの綱  - 2006.05.14 Sun

ヴォルデモートに捕らえられたシリウスの夢を見たハリーは、相談しようとしたマクゴナガル先生が既に聖マンゴに移されたことを知りました。ダンブルドアもハグリッドも去ったホグワーツには、シリウスのことを話せる人は誰もいないとハリーは途方に暮れるのでした。

スネイプ先生のファンでなかった時ですら、なぜ騎士団員のスネイプ先生に相談しないのか、不思議でした。わかってはいるけど相談したくないのだろうと考えていましたが、ハリー、本当に忘れていたようです。
その後、シリウスの無事を確認しようとアンブリッジの暖炉を使い、アンブリッジに捕まってから初めて不死鳥の騎士団員が一人残っていたことを思い出したのでした。
この部分、スネイプ先生がハリーの最後の頼みの綱として、物語の中で突然脚光を浴びたように思いました。好きでなかったときですら。(いや、もう好きになりかけていたのかもしれませんが)

部屋に入ってきたスネイプ先生、スリザリン生と捕虜たちの揉み合う様子にも無関心で、真実薬を欲しがるアンブリッジに調合すると答えながらも成熟には1ヶ月かかると言います。アンブリッジに協力する気はなさそうに見受けられます。
では、ハリーを助けてくれるのか。抉るようにハリーの目を見るスネイプ先生に対し、ハリーも必死で夢の様子を思い浮かべ、心を読んでくれるよう見つめ返します。
ここはハリーになりきって読んでいたので、私も「スネイプ先生理解して」と縋るような思いでした。
そして、口では協力を約束しながら、欲しがるものは渡さないスネイプ先生の非協力的な態度は、アンブリッジを怒らせ、出て行くよう言い渡されました。ドアから出て行こうとするスネイプ先生にハリーはついに口に出して言いました。「あの人がパッドフットを捕まえた!」と。

後の章でダンブルドアがこの暗号めいた言葉をスネイプ先生は理解したと語りましたが、スネイプ先生はハリーが最初に見つめ返した時点で、ある程度理解していたのではないかと思っています。そして次にハリーと視線を合わせた時には、さらにはっきり理解できていたのではないかと思います。だからこそ、アンブリッジに言われて立ち去ろうとしたのだと。この後すぐ行動に移すつもりだったのではないでしょうか。ハリーには伝わったかどうか分からず、結局暗号じみた言葉をいうことになりましたが。
ハリーの言葉に振り返って不可解な表情を見せる先生。
ハリーが言った事が何を意味するかアンブリッジに問われても「さっぱりわかりませんな」「ポッター、我輩に向かってわけのわからんことを喚きちらして欲しいときは、君に『戯言薬』を飲用してもらおう―」(5巻32章p.505)という先生。
この表情や言葉からハリーに何かを伝えようとしていたのではないかと考えたのですが、よくわかりませんでした。先生としてはアンブリッジの前で言える精一杯の言葉だったと解釈したいのですが。『戯言薬』を飲ませると言ったのは、「わかっている。もうこれ以上何も言うな」というメッセージだったのでしょうか。

最後にクラッブにネビルの首を絞める手を緩めるよう言い置いていったのは、クラッブの就職に不利になるように見せながら、しかしネビルを助けるための言葉だったと信じています。スネイプ先生は、一貫して生徒の身の安全には注意を払う人だと考えているので。

なりたいと思っているもの  - 2006.05.10 Wed

ペンシーブで見た父親の傲慢な姿にショックを受けたハリーは、事実を確かめようと、アンブリッジの暖炉を使ってシリウスやルーピンと話をしました。
そこで見たことだけで判断しないで欲しいと言うルーピン。シリウスも当時について語り始めます。「ジェームズとスネイプは、最初に目を合わせた瞬間からお互い憎み合っていた。(中略)ジェームズは、スネイプがなりたいと思っているものを全て備えていた―人気者で、クィディッチがうまかった―ほとんど何でもよくできた。ところがスネイプは、闇の魔術に首までどっぷり浸かった偏屈なやつだった。それにジェームズは(中略)どんなときも闇の魔術を憎んでいた」(5巻29章p.390)

ルーピンの言うように、この場面だけでは判断できないと思います。
でもシリウスの言葉は納得できません。
だいたい、シリウスの言うように、ジェームズの備えていたものは本当にセブルス少年がなりたいと思っていたのでしょうか。言い換えれば、セブルス少年はジェームズのように人気者でクィディッチがうまくなりたかったのでしょうか。

人気者でクィディッチが上手いことは15歳の少年にはとても大事なことだろうとは思います。ジェームズとシリウスは何をやらせても学校中で一番よくでき、みんなにかっこいいと思われていました。
きっと自分たちを基準に物事を考えるようになって、皆が自分たちを羨ましいと思っていると錯覚していたように思います。かっこいいと思ってちやほやしてくる生徒達とは違う反応をするということだけで、妬みだと思い込んでいただけではないでしょうか。ジェームズもシリウスもルーピンも。

入学前から闇を見ていた少年は、人気者であることやクィディッチの才能に対する妬みとは違うもっと深いところでジェームズを憎んでいたような気がします。
それが何だかはわからないのですが。愛情一杯注がれて育ったジェームズの無邪気さとか、闇の魔術を憎む無知さや純粋さとか、そのように健やかに育ったこと自体とか、思慮が足りなかったり残酷な部分も含めた少年らしさとか。
ああ、でもこうして書くと、人気者になりたくて妬んでいるとは思えませんが、闇を知らない無邪気な少年ではありたかったのかなとも思えてきます。健やかに育ちながら、それほどの努力をせずとも自分以上の成績を持っていたことは、妬ましかったかもしれないです。

ローリングさん、どういうつもりでシリウスにこのセリフ言わせたのかとても気になります。シリウスの言葉を借りてセブルス少年の気持ちを表したのか、シリウスの思い上がりを表したかったのか。
セブルス少年に、少しでもジェームズを羨む気持ちがあったとしても自覚はなかっただろうと思いますが。

手の痺れ  - 2006.05.05 Fri

ペンシーブを覗き込んでいるハリーの腕を誰かの手が掴み、ペンチで締め付けるように握りました。それはスネイプ先生の手でした!そしてハリーは、現在の魔法薬学教授研究室に引き戻されます。腕は掴まれたまま。「スネイプに二の腕をきつく握られているせいで、ハリーの手が痺れてきた」(5巻28章p.359)

トイレに詰まったモンタギューを助けに行って、研究室に戻ってみれば、帰ったはずのハリーがペンシーブに頭を突っ込んでいて(たぶん。実際どこまでペンシーブに入っているのかよくわかりません)、スネイプ先生もさぞかし驚いたことだろうと思います。気の毒に。
ありったけの力でもって引き上げたのでしょう。ハリーの手が痺れるほど。

ところで、二の腕を掴まれて手が痺れる、というと私はすぐにどこの神経が圧迫されたのだろうかと考えました。
この二の腕というのは上腕のことですが、原文でもupper armとなっていて肘と肩の間の腕を指します。痺れた手というのはhandで、手首から先を指します。
上腕を通り、手まで来る神経といえば、橈骨神経、正中神経、尺骨神経の3つがあります。
私はこの中の橈骨神経を疑いました。一番上腕骨に近い部分を走り、外部からの圧迫によって上腕骨に押し付けられて手に痺れをもたらしやすいからです。
で、橈骨神経を長時間圧迫するとどうなるか。橈骨神経は手首を手の甲側に反らす筋肉群を支配していますから、長時間圧迫されてその筋肉が麻痺すると、手首がだらんと垂れたままになります(これを下垂手と呼びます)
余談ですが、自分の腕に頭を乗せたまま深い眠りについてしまった人が、気がつくと手がだらんと垂れて動かせなくなってしまうことがあり、特に酔って帰る週末に多かったことからサタデーナイトパルシーなどと呼ばれます。
また新婚のだんなさんの腕を枕に、奥さんが寝ちゃったりすると、同様に彼の手が麻痺してしまうなんてこともあり、ハネムーンパルシーなどとも呼ばれます。
まあ、ハリーがスネイプ先生を腕枕するなんてことは原作では絶対あり得ませんが、このままスネイプ先生が腕を握り締めていたら、同様なことが起こったのではないかと想像しています(汗)

腕が痺れるほどの握力ってどのくらいだろうとも考えたのですが、私が自分の腕を掴んでも十分痺れてきましたので、この記述からの推測は難しいと思いました。ちなみに私の握力は約25㎏。いくら痩せていても30代の男性なら40㎏以上はあるのではないかと思います。

さて、現実の世界に戻ったハリー、腕を振り離そうとしますが離せなかったようです。激しく揺すぶられた挙句、ありったけの力で床に投げ出されてしまいました。
スネイプ先生は、唇をわなわな震わせて、蒼白な顔で、歯を剥き出しています。
ハリーは絶対侵してはいけない領域に踏み込んだと思われます。スネイプ先生が生徒をありったけの力で投げ出すなんてこと、普段は決してしないですから。
ハリーはこの後、自分の父親の行いに苦しめられますが、自分自身の行いに対する反省は薄そうです。日記を盗み見したような罪悪感というものはなかったのでしょうか。
またこの後、授業においてスネイプ先生は、ハリーが透明であるかのように振舞います。これ以上傷を広げないよう、スネイプ先生自身が自分の心を守る唯一の手段だったのではないかと思うと、大変辛いです。

ブログ開設1周年 - 2006.05.04 Thu

いつもこのブログを見に来ていただき、ありがとうございます。
おかげさまで、本日5月4日、開設1周年を迎えることができました。

始めた時は毎日ではないにしろ、1年もスネイプ先生を語り続けられるとは思っていませんでした。6巻の原書が発売される時までに5巻までを語り、その後は、休止かなと思っていたのですが、語ることは思った以上にたくさんありました。

カウンターは見えませんが、一日のアクセス数がわかる大雑把なカウンターが管理画面についておりまして、昨日までのトータルで18086IP、45024アクセスとなりました。
当初は一日一桁だったのに徐々に増えていったのは大きな喜びでした。
多くの方に読んでいただけるというだけで、大変な励みになります。また、皆様からいただくコメントがヒントになることもしばしばで、楽しく語らせていただいています。本当に感謝しています。重ね重ね御礼を申し上げます。

もうすぐ邦訳6巻発売で、いよいよ6巻について語り始められると思うと嬉しいです。ネタバレ解禁となりましたら、ぜひ皆様のご意見をお聞かせください。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。